大型免許コールセンター HOME > 入校予約・各種規定・規約について

入校予約・各種規定・規約について

入校予約について

■ 当サイトからの入校申込は『仮』のお取り扱いとなります。後日、お電話でご本人様確認が取れた時点で予約確定として手続きを開始しますので、確認の際にキャンセルされてもキャンセル料は発生しません。ご安心下さい。

【合宿制自動車運転免許取得教習参加条件】および、【合宿制自動車運転免許取得教習参加規約】をよくお読みになった上でお申込ください。

■ 定員オーバーなどでご希望の教習所、入校日にご入校できない場合もございます。その場合は後日お電話にてご相談させていただきます。

 

各種規定・規約について

■下記の参加条件及び参加規約をお読みの上、同意された方のみお申し込みください。

自動車学校運転宿泊参加条件

第1条 年齢条件

取得車種により、以下の年齢用件、運転経歴用件を満たしていることが必要です。

普通免許 満18歳以上  
普通二輪 満16歳以上  
大型二輪 満18歳以上  
大型特殊 満18歳以上  
けん引 満18歳以上  
中型免許 満20歳以上 普通、または大特免許取得者で運転経験2年以上
大型免許 満21歳以上 普通、または大特免許取得者で運転経験3年以上
普通二種 満21歳以上 普通、大特または大型免許取得者で運転経験の3年以上
中型二種 満21歳以上 普通、大特または大型免許取得者で運転経験の3年以上
大型二種 満21歳以上 普通、大特または大型免許取得者で運転経験の3年以上
第2条 適性条件

公安委員会が定める基準以上の視力・聴力等の適性条件を満たしていることが必要です。

  1. 視力
    [二輪(普通・大型)、普通車、大特]
    片眼で0.3以上、両眼で0.7以上(眼鏡、コンタクトレンズを使用可)
    [中型免許、大型免許、けん引、普通二種、中型二種、大型二種]
    片眼で0.5以上、両眼で0.8以上、深視力誤差2cm以内(眼鏡、コンタクトレンズを使用可)
  2. 聴力
    日常会話が聞き取れる方
  3. 色彩識別
    青・赤・黄色の識別が出来る方
  4. 学力
    新聞記載内容程度の読み書きができ、それを理解できる方
  5. 体格・体力
    運転装置に手足が届き、かつ操作できる体格・体力のある方(普通二輪、大型二輪では、二輪車にまたがったときに両足のつま先が地面に着き、倒れている二輪車を起こし、センタースタンドが立てられ、かつその二輪車を8の字に押して歩ける体力を有する方)
  6. 運動能力
    自動車の運転に支障を及ぼす身体障害のない方 (運転に支障がある傷害及び運転に影響する病気(症状等)がある方は、各都道府県の運転免許センターで 「運転適性相談窓口」にて適性相談をお受けください。適性相談の結果、不適切となった方は受付できません。尚、適性相談票は入校時に必ずお持ちください。)
  7. その他
    妊娠中の方は受付できません。

第3条 行政処分

を受けた方の条件

行政処分を受けた方は、お申し込み時に処分内容を自己申告してください。申告漏れ又は虚偽の申告により合宿教習所に入校された場合、教習所でご入校をお断りする場合、及びすでに教習が開始されていても中断する場合がございます。なお、その際にかかった費用(教習費用・交通費・宿泊費用など)はお客様負担となりますのでご注意ください。

 

以下の項目に該当する方はお申し込みできません。

  1. 交通事故・違反等による行政処分で免許取消しになり欠格期間を終了していない方、及び欠格期間は終了しているが処分者講習を修了していない方
  2. 無免許運転による行政処分を受け、欠格期間を終了していない方
  3. .上記1.2.のを受けた方は、各都道府県の運転免許センター(運転免許試験場)「受験相談窓口」にてご自身で欠格期間の終了をご確認の上、「運転経歴証明書」の発行を受け、教習所にご持参ください。
  4. .交通事故・違反等による行政処分で免許停止になり免許停止期間を終了していない方
第4条 その他の条件

以下の条件を満たしていることが必要です。

  1. 20歳未満の方は保護者の承諾がある方。
  2. 短期教習スケジュールに耐える健康で体力に自身のある方。
  3. 刺青のある方、薬物中毒の方等のお申し込みは受付できません。 入校後に判明した場合は直ちに退校処分となりますので、ご注意ください。
  4. 男女同室のお申し込みは受付できません。
  5. 教習所特有の条件もありますので、お申し込み対象の教習所の参加条件もご確認ください。

TOP

合宿制自動車運転免許取得教習参加規約

合宿教習へ参加し入校申込をする場合は、下記の規約に従い円満に合宿教習を進めなければならないものとする。

第1条 成立時期

電話でのお申し込みの場合はご予約をお取りした時点で予約成立となります。オンラインでのお申し込みの場合は弊社コールセンターのオペレーターからお客様に電話でご予約のご連絡をさしあげ、お客様ご本人の確認がとれた時点で予約成立となります。

第2条 手続きの期限

合宿教習申込書類一式のご提出と以下のお手続きをしていただきます。

  1. 現金でお支払いの場合は、合宿教習料金全額を入校案内にて送付する入金期日までにお支払いいただきます。
  2. ライセンスローンご利用の場合は、ローン申込書をご提出いただき、所定のローン審査を受けていただきます。

上記期限内にお手続きの無い場合は、お客様都合のお申し込み取消とみなし、所定のキャンセル料を申し受けます。

第3条 キャンセル

予約成立後、お客様のご都合によりキャンセルする場合は、キャンセル料10,000円をお支払いいただきます。 なお、教習料金をご返金する際は所定のキャンセル料と振込み手数料を差引いた残金を返金いたします。

第4条 最短日数 合宿教習で卒業までの最短日数をホームページ・パンフレット等に記載していますが、あくまでも目安でありそれを保証するものではありません。入校日及び教習の都合、お客様の技能習得状況、公安委員会の指導又は試験・検定の合否、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆休み並び天候等により卒業迄の日数が延びる場合がございます。卒業までの日数が延びた事によりお客様に何らかの不都合が生じたとしても、弊社及び教習所はその責を負いません。
第5条 追加料金 合宿参加費用に含まれる項目で、教習所が保証する教習時限、検定回数、宿泊日数を越えて教習を受けたときは追加料金をお支払いいただきます。また、卒業まで追加料金無しとされている項目でも、お客様の故意や不注意またはご都合により教習を欠席・遅刻・早退されたために追加が発生した場合は、追加料金のお支払いをしていただきます。なお、追加料金のお支払いは教習所でお支払いただきます。
第6条 中途解約

入校後、お客様のご都合により中途退校または転校される場合、当日までの必要費用の実費、解約手数料を差し引いた金額をご返金致します。ただし、教習の進度によってはご返金できない場合、あるいは追加料金を請求する場合もございます。なお、必要費用の実費とは、入学金、学科・技能教習費、検定料、教材費、宿泊費、食費、その他の事をいい、入校先教習所所定の料金算出方法により算出した金額とします。また、中途解約された場合の交通費は自己負担とします。

(ローンご利用のお客様は、中途解約後のローンの取扱いについてローン会社と直接ご相談していただくこととなります。)

第7条 お客様の責務

入校から卒業までの間、教習中及び教習時間外も社会人としてのマナー・モラルを守り、自動車運転教習を主とした行動をとっていただきます。万が一、次にあげる行為をした場合は、即時強制退校になります。なお、その場合料金は一切返金しないものとし、その行為に起因して学校もしくは他のお客様、あるいは第三者が損害を受けた場合は、損害賠償をしていただきます。

  1. 入校先教習所の規則、宿舎使用規則及び教習所職員の指示・指導に従わない場合。
  2. 不正な行為を行って教習・検定を受けた場合。
  3. 法令違反や公序良俗に反する行為を行った、または関わった場合。
  4. 故意過失を問わず、教習所もしくは他のお客様及び第三者に重大な損害を与えた場合。
第8条 免責事項

天災地変、労働争議、法令の制定、改廃、その他やむを得ない事由により、安全かつ円滑な教習が実施不可能な時は入校契約を解除又は教習内容を変更する場合がございます。また前の事由及び下記項目に該当する事由によりお客様が損害を被られた場合、弊社及び教習所は責任を負いかねます。

  1. 教習中、お客様の不注意により発生した事故、又は相手方の不注意により発生した事故にかかわる損害。
  2. 自由行動中の事故。
  3. 食中毒、盗難、疾病。
  4. その他、学校の責に帰さざる事由により生じた損害。
第9条 その他

以下の項目について、ご注意ください。

  1. 突発的な事情により、学校を変更して頂く場合もございます。
  2. 教習料金は入校日時点の満年齢を基準と致します。
  3. 教習料金は、料金改訂や消費税率の変更などにより、予告なく変更する場合がございます。
  4. 宿泊先の指定はできません。教習遅延、その他都合により、宿泊先を変更させて頂く場合がございます。
  5. 各宿泊先において、男女の同室・相部屋はできません。
  6. 仮免学科試験に4回不合格になった場合は一時帰宅して、お客様の住所地管轄の運転免許試験場で仮免学科試験を合格した後、再入校して頂く場合がございます。その際の交通費は自己負担となります。
  7. 一時帰宅プラン、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆休み等の学校が指定する休校日を除いて、原則教習期間中に帰宅する事はできません。 やむを得ない事情により一時帰宅する場合は、教習所と相談の上、教習所指定の方法で一時帰宅、再入校するものとします。その際の交通費は自己負担となります。
  8. 交通費はご卒業時に教習所での精算となります。交通費はお客様の現住所(住民票住所)に基づく教習所指定の起点・交通機関・交通区間のご利用を前提とした教習所所定の金額が支払われます。なお、往復または片道交通費の差額分は自己負担となります。
  9. 教習料金に含まれる保証内容は卒業時に終了します。保証期間内の卒業であっても、技能教習費、宿泊費等の払い戻しはいたしません。またお客様の都合での延泊もできません。
↑pagetop